あるバーで
先日、仕事を終えて、ふらふらと歩いていたら、
あれっ、こんなところに、みたいなところに
(えっ、えっ、こんな隙間に・・・みたいなところよ。
こんなところにあるわけない、みたいなところなのよ。
1年前から、ここを通っているのに気づかなかったんだから)
遠慮がちなジャズ・バーの小さな看板が。
通り過ぎるふりをしながら、そっと小窓から
のぞいてみたら、
あれっ、かわいい女の人がカウンターの中に。

気づいたらドアを開けてましたよ。
目が合って(あたりまえなんだけどね、客と店の人だから)
「よろしいんですか?」(まだ早い時間だったんで)
「ええ」
なんかその女性もビックリしている感じ。
フリーでくる客がほとんどいないんでしょうね。

客、ぼくだけ。
カウンターに腰掛けて、ギネスビールなどを。
ほんとはおなか空いていたのに、なんでバーなんかに。
お通しはアラレだし。

ママさん
40代半ばぐらいで、ジーンズにすっぴんなのに。
美人だ。
なんかドキドキしながら、なかなか会話が生まれず。
それでもなんかしゃべったんだけど、あがってたんで、覚えていない。

そうするうちに常連客が二人。
ようやくなごやかなムードが店に生まれる。
で、彼らとの話を聞いていたら・・

どうやらそのママさん、女優らしいんだ。
「ああ、だからきれいなんですね」みたいな調子いいことを言って
さきほどもらった名刺をあらためて見る。
この人でした。
元井須美子さん・・・知らない。

でもね、ぼくは見ているはずなんだよね。
キンチョーの大滝秀次のCMで。
興味と時間のある方は、こちらのブログをどうぞ。
この日付のエントリーの中程。華原朋美の下。
大滝秀次のなくなった奥様の幻影という役で
出演なさっています。座り姿、きれいですよ。すっと腰が伸びて。
この画像フラッシュですから、出るまで待って。

小津の話なんかもしたような気がするなー。
「こんなバーが出てきますよね」
「秋刀魚の味!岸田今日子さん」

その日のぼくは、ラッキーというべきなのだろう。
新橋、なかなか奥が深い、あなどりがたし・・・

ところで、上記のブログをのぞいていただくとわかりますが、
これまた奥深い、良質なブログなんです。
ブログタイトルをクリックして、頭からご覧になることを
おすすめします。
[PR]
by nahkid | 2006-05-21 01:49 | 日々の雑感


<< 悩める、椎名誠の本を読んだ 何でもある、誰でも知ってるこのサイト >>