山田太一の最新ドラマ「まだそんなに老けてはいない」
すごくベタなタイトルですね(^_^;)
むかしから山田太一の書くドラマが好きなんです。録画でさきほど見終えました。面白かったですよ、すごく。なんということのない話なんですけどね。そういえば彼の書くドラマはどれもなんということのない話だから。

主演、中村雅俊 そのほか余貴美子、岸部一徳、大滝秀次
そのほか、がいいですね~。この3人。実はほかに原田美枝子も出ていたのですが、この3人には負けちゃいました。

58歳、定年を間近に控えた消防署員がケガで休職中に近隣で起こるちょっとした淡いラブストーリーなんですが、その裏にはワケアリで。単純にいかないのが山田太一ですね。

真面目にコツコツ働いてきて、年取った。しかしまだそんなに老けてはいない、から起こりうるドラマ。うまいところ突いています。
余貴美子と中村雅俊の逢瀬を仕組んだのが、余貴美子の夫、岸部一徳というだけで、もうワクワクしちゃいました。

ドラマなので見なかった人はもう見るチャンスもないのでしょう。ドラマ作者ってソンですね。だから山田太一も小説を書いたり、映画の脚本を書いたりするのでしょうけど。でもドラマのようにはうまくいっていないような気がするんですね。例えば「異邦人たちとの夏」とか。途中まではいいんだけど、途中からやりすぎてしまう。テレビドラマの制約が、この人にはうまく作用しているような気がするんですが、いかがでしょうか?
[PR]
by nahkid | 2007-01-31 00:28 | 日々の雑感


<< フランソワーズアルディとか オヤジがナク >>